INFORMATION

2018.08.13

平成30年7月の資産運用状況報告を掲載しました。 NEW

「資産運用状況月次報告」のページに、平成30年7月の資産運用状況報告を掲載しましたので、ご参照ください。

資産運用状況月次報告

トップページへ戻る

2018.08.09

平成31年度 新入社員セミナーのご案内

一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)様のご配慮により、平成31年度の新入社員セミナーに当基金の加入者も参加いただけることになりました。新入社員研修の一環としてご活用ください。

日時:平成31年4月17日(水)14:00 〜 16:40

場所:文京シビックホール(大ホール)
   東京都文京区春日1-16-21

定員:100名(先着順)

参加費:無料

お申込みは、下記のリンク(詳細・参加申込み)よりお願いいたします。

一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)
文京シビックホール
平成31年度 新入社員セミナー(詳細・参加申込み)

トップページへ戻る

2018.07.23

<IT関連企業の方へ>ITS基金への加入をご検討ください!

【事業主・総務担当者様へ】

全国のIT関連企業で働く方々の高齢期の生活の安定と福利厚生を行う団体である「日本ITソフトウェア企業年金基金」からのご案内です。

今、我が国のIT関連産業においては、大幅な人材不足にあり、今後も一層深刻化するものと見込まれており、優秀なIT人材の確保とその定着を図るうえでも、ぜひともITSの企業年金基金(ITS第2年金)の加入検討をお願い申しあげます。

なお、随時に事業所への訪問説明や、新規加入説明会を毎月開催(8/8、9/6、10/3)しております。
詳細は下記をご覧ください。

【お問合せ】TEL:0120-910-791

ITS第2年金のご案内

トップページへ戻る

2018.07.20

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年8月〜10月)

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年8月〜10月)

当基金は、国の方針により、平成28年7月1日付で、前身の関東ITソフトウェア厚生年金基金を解散し、新たな全国版の企業年金基金として再スタートいたしました。

 新制度は、旧厚生年金基金の加入事業所を構成員とする「第1年金」と、新規に加入される事業所を対象とする「第2年金」から構成されております。この「第2年金」は、事業所毎に掛金や加入者の範囲を設定でき、1口(1,000円)から加入できる企業年金制度です。

 社員の退職後の生活の支え、公的年金の補完として、是非、当基金の加入事業所様のみならず、未加入の事業所様へ本制度のご活用をお勧めいたします。
 つきましては、下記の日時で説明会を開催いたしますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。

平成30年 8月 8日(水)15:30〜17:00
平成30年 9月 6日(木)15:30〜17:00
平成30年 10月 3日(水)15:30〜17:00

場所:当基金会議室 港区赤坂6-4-2 赤坂MSビル3F(赤坂駅徒歩2分)

【参加申込方法】
下記の LINK ≫ 参加申込みフォームよりお願いいたします。

●お問い合わせ
編入促進担当 TEL0120-910-791

ITS基金(第2年金)説明会参加申込みフォーム
ITS基金(第2年金)のご案内

トップページへ戻る

2018.07.10

関東ITソフトウェア厚生年金基金の分配金の交付について

関東ITソフトウェア厚生年金基金(平成28年7月1日付解散認可)の解散に伴う残余財産の分配金を当基金に持ち込む方(解散時引き続き当基金の加入者になった方、厚生年金基金の年金受給者・年金受給待期者で当基金に持ち込むことを選択した方)に係る資金が平成30年6月13日に当基金に交付されました。

加入者・受給者の皆様に、交付を受けた個人別の金額をご案内します。ご案内発送のスケジュール、過渡期の給付の取扱いなどについては、以下のPDFファイルをご参照ください。

〈お問い合わせ〉
業務グループ 電話:03-5114-5517(代表)

【201807】関東ITソフトウェア厚生年金基金の分配金の交付について.pdf

トップページへ戻る

2018.06.01

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年6月〜8月)

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年6月〜8月)

当基金は、国の方針により、平成28年7月1日付で、前身の関東ITソフトウェア厚生年金基金を解散し、新たな全国版の企業年金基金として再スタートいたしました。

 新制度は、旧厚生年金基金の加入事業所を構成員とする「第1年金」と、新規に加入される事業所を対象とする「第2年金」から構成されております。この「第2年金」は、事業所毎に掛金や加入者の範囲を設定でき、1口(1,000円)から加入できる企業年金制度です。

 社員の退職後の生活の支え、公的年金の補完として、是非、当基金の加入事業所様のみならず、未加入の事業所様へ本制度のご活用をお勧めいたします。
 つきましては、下記の日時で説明会を開催いたしますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。

平成30年 6月 7日(木)15:30〜17:00
平成30年 7月 11日(水)15:30〜17:00
平成30年 8月 8日(水)15:30〜17:00


場所:当基金会議室 港区赤坂6-4-2 赤坂MSビル3F(赤坂駅徒歩2分)

【参加申込方法】
下記の LINK ≫ 参加申込みフォームよりお願いいたします。

●お問い合わせ
編入促進担当 TEL0120-910-791

ITS基金(第2年金)説明会参加申込みフォーム
ITS基金(第2年金)のご案内

トップページへ戻る

2018.05.31

資産運用状況 平成29年度の収益率を掲載しました

「資産運用状況月次報告」のページに、平成29年度の収益率を掲載しましたので、ご参照ください。

資産運用状況月次報告

トップページへ戻る

2018.05.24

事務ご担当者様へ

仮想個人勘定残高の「お知らせ」の送付について

当基金では、退職後のライフプランのご参考としていただくため、毎年5月後半に前年度末(当年3月末)時点の仮想個人勘定残高をお知らせすることとしています。

本年につきましても、個人ごとの平成29年度末(平成30年3月末)時点の仮想個人勘定残高の「お知らせ」を作成し、明日、各事業所に宛てて発送する予定です。

なお、「お知らせ」記載の用語の説明と想定されるご質問に対する回答を以下のPDFにまとめましたので、ご参照いただければ幸いです。

〈お問い合わせ〉
業務グループ 電話:03-5114-5517(代表)

【201805】仮想個人勘定残高の「お知らせ」について.pdf

トップページへ戻る

2018.05.07

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年5月〜7月)

 当基金は、国の方針により、平成28年7月1日付で、前身の関東ITソフトウェア厚生年金基金を解散し、新たな全国版の企業年金基金として再スタートいたしました。

 新制度は、旧厚生年金基金の加入事業所を構成員とする「第1年金」と、新規に加入される事業所を対象とする「第2年金」から構成されております。この「第2年金」は、事業所毎に掛金や加入者の範囲を設定でき、1口(1,000円)から加入できる企業年金制度です。

 社員の退職後の生活の支え、公的年金の補完として、是非、当基金の加入事業所様のみならず、未加入の事業所様へ本制度のご活用をお勧めいたします。
 つきましては、下記の日時で説明会を開催いたしますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。

平成30年 5月 11日(金)15:30〜17:00
平成30年 6月 7日(木)15:30〜17:00
平成30年 7月 11日(水)15:30〜17:00

場所:当基金会議室 港区赤坂6-4-2 赤坂MSビル3F(赤坂駅徒歩2分)

【参加申込方法】
下記の LINK ≫ 参加申込みフォームよりお願いいたします。

●お問い合わせ
編入促進担当 TEL0120-910-791

ITS基金(第2年金)説明会参加申込みフォーム
ITS基金(第2年金)のご案内

トップページへ戻る

2018.05.01

クールビズの実施について

当基金では、「地球温暖化の防止」と「省エネルギーへの寄与」を目的としてクールビズに取り組みます。
実施期間中は、軽装で業務をさせていただきますが、ご理解をお願いいたします。

実施期間:平成30年5月1日(火)〜10月31日(水)

トップページへ戻る

2018.04.13

資産運用状況四半期報告を掲載しました

資産運用状況四半期報告を掲載しましたので、ご参照ください。

資産運用状況四半期報告

トップページへ戻る

2018.04.11

「よくあるご質問」について

よくあるご質問のページを掲載しました。ご参照ください。

よくあるご質問

トップページへ戻る

2018.03.30

基金だよりNo.4(2018 春号)の発行について

本日、基金だよりNo.4(2018 春号)を事業所あてに発送しました。
また、PDF版を「広報・機関誌」のページに掲載しましたので、ご覧ください。

広報・機関誌

トップページへ戻る

2018.03.30

平成30年度の年金相談及び各種セミナーの開催案内をアップしました

平成30年度の年金相談及び各種セミナーの開催案内をアップしました。

年金相談・セミナー
ライフプランセミナー

トップページへ戻る

2018.03.27

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年4月〜6月)

 当基金は、国の方針により、平成28年7月1日付で、前身の関東ITソフトウェア厚生年金基金を解散し、新たな全国版の企業年金基金として再スタートいたしました。

 新制度は、旧厚生年金基金の加入事業所を構成員とする「第1年金」と、新規に加入される事業所を対象とする「第2年金」から構成されております。この「第2年金」は、事業所毎に掛金や加入者の範囲を設定でき、1口(1,000円)から加入できる企業年金制度です。

 社員の退職後の生活の支え、公的年金の補完として、是非、当基金の加入事業所様のみならず、未加入の事業所様へ本制度のご活用をお勧めいたします。
 つきましては、下記の日時で説明会を開催いたしますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。

平成30年 4月 11日(水)15:30〜17:00
平成30年 5月 11日(金)15:30〜17:00
平成30年 6月 7日(木)15:30〜17:00

場所:当基金会議室 港区赤坂6-4-2 赤坂MSビル3F(赤坂駅徒歩2分)

【参加申込方法】
下記の LINK ≫ 参加申込みフォームよりお願いいたします。

●お問い合わせ
編入促進担当 TEL0120-910-791

ITS基金(第2年金)説明会参加申込みフォーム
ITS基金(第2年金)のご案内

トップページへ戻る

2018.03.20

事務ご担当者様へ

日本年金機構の届出様式の変更(マイナンバー対応)について

日本年金機構(年金事務所)が本年3月5日より適用関係の届出様式の一部を個人番号(マイナンバー)に対応したものに変更しましたが、当基金にご提出いただく「加入者資格取得届」には引き続き基礎年金番号をご記入いただく必要があります。詳細につきましては、以下のPDFファイルをご参照ください。

【参考】マイナンバーによる届出・申請についてと平成30年3月からの様式変更について(日本年金機構)

日本年金機構の届出様式の変更(マイナンバー対応)について.pdf

トップページへ戻る

2018.03.20

事務ご担当者様へ

「基準給与変更届」について

第1年金及び第2年金の変額コースにおいては、毎年4月と10月に基準給与が変更になる方について「基準給与変更届」をご提出いただく必要があります。

詳細につきましては、以下のPDFファイル(【201803】「基準給与変更届」ご提出のお願い)をご参照ください。所定のフォーマットで作成した、Exel形式のファイルによる届出をご希望の場合は、「加入者関係資料の作成依頼について(基準給与)」をご提出いただければ、作成日時点の個人データを収録したCDをお送りします。

変更年月日を平成30年4月1日とする「基準給与変更届」は、5月2日までに事務局に到着するようご提出いただければ、4月分の掛金計算に算入されます。遅れて到着した場合は、5月分以降の掛金計算で調整されます。

なお、該当する方がいない場合は、何もご提出いただく必要はありません。

トップページ > 事業主・事務担当者のページ > 基準給与変更届
届出用紙のご請求フォーム

【201803】加入者関係資料の作成依頼について(基準給与).pdf
【201803】「基準給与変更届」ご提出のお願い.pdf

トップページへ戻る

2018.03.20

事務ご担当者様へ

適用関係届書のデータによる届出方法について

以下の届書につきましては、所定のレイアウトによるエクセルファイルでご提出いただくことができます。
作成したファイルを保存したCD、DVDまたはFDに「データ形式届書総括票」を添付し、郵送でご提出ください。

「加入者資格取得届」
「加入者資格喪失届」
「基準給与変更届」

詳細につきましては、以下のPDFファイルをご参照ください。

データレイアウト.xlsx
データ形式届書総括票.pdf
データ形式届書総括票.docx
適用関係届書のデータによる届出方法について.pdf

トップページへ戻る

2018.03.15

平成30年度の利息付与率について

平成30年度の利息付与率は3.8%になります。(平成29年度は1.8%)
なお、平成30年3月末時点の仮想個人勘定残高を5月下旬頃に加入者の皆さまへお知らせする予定です。

トップページへ戻る

2018.02.15

「ITS第2年金の説明会」の開催について(平成30年3月〜5月)

 当基金は、国の方針により、平成28年7月1日付で、前身の関東ITソフトウェア厚生年金基金を解散し、新たな全国版の企業年金基金として再スタートいたしました。

 新制度は、旧厚生年金基金の加入事業所を構成員とする「第1年金」と、新規に加入される事業所を対象とする「第2年金」から構成されております。この「第2年金」は、事業所毎に掛金や加入者の範囲を設定でき、1口(1,000円)から加入できる企業年金制度です。

 社員の退職後の生活の支え、公的年金の補完として、是非、当基金の加入事業所様のみならず、未加入の事業所様へ本制度のご活用をお勧めいたします。
つきましては、下記の日時で説明会を開催いたしますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。

平成30年 3月  7日(水)15:30〜17:00
平成30年 4月 11日(水)15:30〜17:00
平成30年 5月 11日(金)15:30〜17:00

場所:当基金会議室 港区赤坂6-4-2 赤坂MSビル3F(赤坂駅徒歩2分)

【参加申込方法】
下記の LINK ≫ 参加申込みフォームよりお願いいたします。

●お問い合わせ
編入促進担当 TEL0120-910-791

ITS基金(第2年金)説明会参加申込みフォーム
ITS基金(第2年金)のご案内

トップページへ戻る

2018.01.31

事務ご担当者様へ

労働契約法改正に伴う規約変更の必要性について

平成25年4月1日施行の労働契約法の改正に伴い、平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できることになりました(「無期転換ルール」)。このため、平成30年4月以降、有期労働契約で働く多くの方に、無期転換申込権が発生することが見込まれます。

加入者の対象を限定し、当基金の規約で就業規則や退職金規程(以下、「就業規則等」という。)を引用している事業所様が、無期転換ルールのスタートに対応し、就業規則等を変更する場合は、当基金の規約も変更の必要が生じる可能性があります。
※加入者の対象を「厚生年金保険の被保険者全員」としている事業所様は、規約変更の必要はありません。

詳細につきましては、以下のPDFファイル(労働契約法改正に伴う規約変更の必要性について)をご参照ください。

【参考】有期契約労働者の無期転換サイト(厚生労働省)

労働契約法改正に伴う規約変更の必要性について.pdf

トップページへ戻る

2017.12.08

事務ご担当者様へ

「基準給与変更届」の提出について(ご確認のお願い)

第1年金と第2年金の変額コースにおいては、毎年4月と10月に基準給与が変更になる方について「基準給与変更届」を基金にご提出いただく必要があります。

現在、届出提出をいただいていない事業所様にご確認のお願いを行っております。
詳細につきましては、以下のPDFファイルをご参照くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※変更に該当する方がいない場合は、何もご提出いただく必要はありません。

事業主・事務担当者のページ > 基準給与変更届
「届出用紙」のご請求フォーム

「基準給与変更届」のご提出について(ご確認のお願い).pdf
「基準給与変更届」について.pdf

トップページへ戻る

2017.11.08

事務ご担当者様へ

残余財産の本交付に係る今後のスケジュールについて

厚生年金基金の残余財産確定後の本交付スケジュールをお知らせします。

残余財産の本交付に伴う今後のスケジュールについて.pdf

トップページへ戻る

2017.10.11

関東ITソフトウェア厚生年金基金の分配スケジュールについて

関東ITソフトウェア厚生年金基金のホームページに分配スケジュールを掲載しました。

解散・DB移行に関するお知らせ

トップページへ戻る

2017.09.15

事務ご担当者様へ

「基準給与変更届」について

第1年金及び第2年金の変額コースにおいては、毎年4月と10月に基準給与が変更になる方について「基準給与変更届」をご提出いただく必要があります。

詳細につきましては、以下のPDFファイル(【201709】「基準給与変更届」について)をご参照ください。
※平成29年8月分掛金(9月19日発送)の納入告知書に同封したご案内と内容は同じです。
なお、該当する方がいない場合は、何もご提出いただく必要はありません。

変更年月日を平成29年10月1日とする「基準給与変更届」は、11月2日までに事務局に到着するようご提出いただければ、10月分の掛金計算に算入されます。遅れて到着した場合は、11月分以降の掛金計算で調整されます。

事業主・事務担当者のページ > 基準給与変更届
用紙請求フォーム

【201709】基準給与変更届(記入例).pdf
【201709】基準給与変更届について.pdf
【201709】加入者関係資料の作成依頼について(基準給与).pdf

トップページへ戻る

2017.05.19

事務ご担当者様へ

仮想個人勘定残高の「お知らせ」の送付について

当基金では、退職後のライフプランのご参考としていただくため、毎年5月後半に前年度末(当年3月末)時点の仮想個人勘定残高をお知らせすることとしています。

本年につきましても、個人ごとの平成28年度末(平成29年3月末)時点の仮想個人勘定残高の「お知らせ」を作成し、明日、各事業所に宛てて発送する予定です。

なお、「お知らせ」記載の用語の説明と想定されるご質問に対する回答を以下のPDFにまとめましたので、ご参照いただければ幸いです。

〈お問い合わせ〉
業務グループ 電話:03-5114-5517(代表)

【201705】仮想個人勘定残高の「お知らせ」について.pdf

トップページへ戻る

2017.04.11

事務ご担当者様へ

平成29年度掛金日程表を掲載しました

平成29年度掛金日程表を掲載しましたので、ご活用ください。

平成29年度掛金日程表.pdf

トップページへ戻る

2017.02.02

<IT業界の方へ> 当基金へ加入しませんか!

【事業主・総務担当者様へ】 

ITS基金(第2年金)へ加入しませんか!

平成28年7月に、日本最大級の業界団体である「日本IT団体連盟」が誕生いたしました。
時期同じくして全国のIT業務に従事する方々への福利厚生を行う団体として「日本ITソフトウェア企業年金基金」もスタートいたしました。
皆様の今と将来の生活の安定のために、ぜひともご加入の検討をお願いします。
なお、事業所への訪問説明も行っております。

【お問合せ】TEL:0120−910−791

ITS基金(第2年金)のご案内

トップページへ戻る

2017.02.01

ねんきんTOPICS2月号を掲載しました

ねんきんTOPICS2月号を掲載しました

ねんきんTOPICS

トップページへ戻る

2017.01.06

事務ご担当者様へ

個人型DCの拡大に伴う事業所の対応について

平成29年1月からの確定拠出年金(DC)の加入範囲の拡大により、当基金のような確定給付企業年金(DB)の加入者も個人型DCへ加入可能となりましたが、変更点および事業所の対応につきましては、下記のとおりです。

個人型DCの拡大に伴う事業所の対応について.pdf
事業所登録申請書記入例.pdf

トップページへ戻る

2016.11.11

事務ご担当者様へ

「日本ITソフトウェア企業年金基金の事務について」の修正版を掲載しました

本年6月に配付した「日本ITソフトウェア企業年金基金の事務について」の修正版、及び関連する帳票を掲載しましたので、ご参照ください。

主な変更点は13ページ及び35ページの移換申出期限についての記載となります。よろしくお願いいたします。

日本ITソフトウェア企業年金基金の事務について.pdf
事業所関係変更届.xlsx
事業所所在地・名称変更届.xlsx
移換申出書(連合会).xls

トップページへ戻る

2016.09.30

事務ご担当者様へ

厚生年金保険の制度改正に伴う企業年金基金の事務手続きについて

平成28年10月1日施行の厚生年金保険法の改正により
・短時間労働者に対する適用拡大
・標準報酬月額の下限の変更
が実施されました。

これに伴って考えられる企業年金基金の事務手続きを以下のPDFファイルにまとめましたので、ご参照ください。

【日本年金機構】平成28年10月より短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大が始まります。
【日本年金機構】厚生年金保険料額表(平成28年10月分〜)を掲載しました。

厚生年金保険の制度改正に伴う企業年金基金の事務手続きについて.pdf
第1年金掛金額表.pdf

トップページへ戻る

2016.07.01

本日、全国版の新たな企業年金制度が本格スタートしました

これまでの関東ITソフトウェア厚生年金基金を発展的解消し、全国のIT・ソフトウェア・ネットワーク業界で働く方々のための企業年金制度および福利厚生制度が7月1日から始まりました。
私ども役職員は、この再スタートを機に心を新たにし、長期的に安定した制度運営に向けて、その使命を認識し、持てる力を最大限傾注してまいる所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

トップページへ戻る

2016.04.04

個人番号(マイナンバー)制度に関するお知らせ

個人番号(マイナンバー)の取り扱いについて掲載しましたので、ご参照ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

個人番号(マイナンバー)制度に関するお知らせ.pdf

トップページへ戻る

2015.12.24

英訳版の「ITS第2年金のご案内」を作成しました

当基金では、外国人の事業主様もご覧いただけますよう「日本ITソフトウェア企業年金基金(愛称:ITS第2年金)」の英訳版を作成いたしました。

●お問い合わせ
編入促進課 TEL 0120-910-791

「ITS第2年金」のご案内(英訳版).pdf

トップページへ戻る