事業計画と予算

平成30年度 事業計画と予算について

  • 平成30年1月31日に開催された第7回代議員会において、平成30年度の事業計画ならびに予算が審議のうえ、議決されましたので、その概要をお知らせいたします。

I 事業計画

1.事業運営の重点事項

1. 基金事務等の

 システム化・IT化

 の推進

加入事業所の利便性の向上や事務処理の効率化を図るために、基金事務等のシステム化・IT化を推進し、社会・経済の情報化に即応した事務処理体制を構築する。

2. 加入事業所の

 追加編入の推進

財政基盤の安定化のためには加入者数の拡大が必要であり、また、業界で働く方の生活の安定のために、健保加入事業所等を対象として、追加編入に積極的に取り組む。

3. 適正かつ効率的

 な資産運用

本交付後の新しい政策アセット・ミックスに基づき、適正かつ効率的な資産運用に努める。

4. 加入者等に対する

 情報提供の充実

加入者等に対して、ライフプランセミナー・年金相談などを始めとした加入者等の生活の安定の一助となるような情報の提供を積極的に行う。

5. 業務概況の

 周知徹底

ホームページやメール配信などを活用して、基金の運営状況や財政状況等について周知徹底を図る。

2.理事会の開催

  • 3回(平成30年7月、平成30年10月、平成31年1月)

3.代議員会の開催

  • 3回(平成30年7月、平成30年10月、平成31年1月)

4.広報誌の発行(加入者向け)

  • 2回(予算・決算)

II 予算

年金経理

予定損益計算書

(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)

(単位:千円)

費用勘定
収益勘定
科目
推計額
科目
推計額
給付費
1,648,106
掛金等収入
1,754,483
移換金
35,144
受換金等
19,120,000
運用報酬等
95,182

脱退一時金

相当額受入金

11,317
業務委託費等
72,618
運用収益
1,173,009
責任準備金増加額
20,616,684
当年度不足金
408,925
22,467,734
22,467,734
予定貸借対照表

(平成31年3月31日現在)

(単位:千円)

資産勘定
負債勘定
科目
推計額
科目
推計額
流動資産
292,414
流動負債
842
固定資産
48,746,248
支払備金
163,048
当年度不足金
408,925
責任準備金
48,320,387
別途積立金
963,310
49,447,587
49,447,587

業務経理(業務会計)

予定損益計算書

(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)

(単位:千円)

費用勘定
収益勘定
科目
推計額
科目
推計額
事務費
331,805
掛金収入
231,814
代議員会費
10,010
雑収入
230,504
繰入金
42,516
雑支出
3,296
当年度剰余金
74,691
462,318
462,318
予定貸借対照表

(平成31年3月31日現在)

(単位:千円)

資産勘定
負債勘定
科目
推計額
科目
推計額
流動資産
513,803
流動負債
9,277
固定資産
42,516
基本金
550,070
繰越勘定
3,028
559,347
559,347

III 福祉事業

年金相談・セミナー

年金相談・セミナー

その他の福祉事業

  • 事業者と法人契約を結び、加入者の方およびそのご家族は割引料金でご利用いただけます。なお、利用方法などについては、「その他の福祉事業」のページをご覧ください。

その他の福祉事業

  • 結婚情報サービス機関の割引利用(加入者のみ)…2ヵ所
  • 結婚式場の割引利用…6ヵ所
  • 葬祭場の割引利用…8ヵ所