事業計画と予算

平成29年度 事業計画と予算について

  • 平成29年1月25日に開催された第5回代議員会において、平成29年度の事業計画並びに予算が審議のうえ、議決されましたので、その概要をお知らせいたします。

I 事業計画

1.事業運営の重点事項

1. 円滑な事務処理
の推進
確定給付企業年金制度の今後も安定した運営のため、事務処理体制を確立し、円滑な事務処理を推進する。
2. 加入事業所の
追加編入の推進
財政基盤の安定化のためには加入者の拡大が必要であり、また、業界で働く方々の生活の安定のために、健保加入事業所を主な対象として、追加編入に積極的に取り組む。
3. 財政の安定化に
向けた資産運用
仮交付期間中は、リスクを抑制した資産運用に努めるとともに、本交付後の政策アセットミックス(資産構成割合)策定のために十分な検討を行う。
4. 加入者等に対する
情報提供の充実
加入者等に対して、ライフプランセミナー・年金相談などを始めとした加入者の生活の安定の一助となるような情報の提供を積極的に行う。
5. 業務概況の
周知徹底
ホームページやメール配信システムなどを活用して、基金の運営状況や財政状況等について周知徹底を図る。

2.理事会の開催

  • 2回(平成29年7月、平成30年1月)

3.代議員会の開催

  • 2回(平成29年7月、平成30年1月)

4.業務概況の周知

ホームページ 基金の最新情報や財政状況、運営状況(理事・代議員会)についてのお知らせ(随時)
メール配信 事業主・事務担当者の方へ事業案内や事務手続き等についてのお知らせ(随時)
機関誌 加入者の方へ、予算、決算等についてのお知らせ(年2回)

II 予算

年金経理

予定損益計算書

(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

(単位:千円)

費用勘定 収益勘定
科目 推計額 科目 推計額
給付費 494,973 掛金等収入 1,637,059
移換金 5,000 受換金 0
運用報酬等 47,409 脱退一時金相当額受入金 6,000
業務委託費等 73,282 運用収益 621,940
責任準備金増加額 1,634,473
当年度剰余金 9,862
2,264,999 2,264,999
予定貸借対照表

(平成30年3月31日現在)

(単位:千円)

資産勘定 負債勘定
科目 推計額 科目 推計額
流動資産 272,843 支払備金 55,572
固定資産 28,549,696 責任準備金 28,364,760
基本金 402,207
28,822,539 28,822,539

業務経理(業務会計)

予定損益計算書

(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

(単位:千円)

費用勘定 収益勘定
科目 推計額 科目 推計額
事務費 222,447 掛金収入 216,201
代議員会費 886 雑収入 33,673
雑支出 2,680
当年度剰余金 23,861
249,874 249,874
予定貸借対照表

(平成30年3月31日現在)

(単位:千円)

資産勘定 負債勘定
科目 推計額 科目 推計額
流動資産 393,939 流動負債 0
固定資産 0 基本金 393,939
393,939 393,939

III 福祉事業

年金相談・セミナー

年金相談・セミナー

その他の福祉事業

  • 事業者と法人契約を結び、加入者の方およびそのご家族は割引料金でご利用いただけます。なお、利用方法などについては、「その他の福祉事業」のページをご覧ください。

その他の福祉事業

  • 結婚情報サービス機関の割引利用(加入者のみ)…2ヵ所
  • 結婚式場の割引利用…6ヵ所
  • 葬祭場の割引利用…8ヵ所

※これまでの宿泊補助金、結婚祝金の支給のため福祉事業は、財政が安定するまでは設けないこととなりました。