中断者届・復活者届

届書を提出するとき

届書を提出するとき

【該当の事業所のみ】

中断者届

  • 従業員が産前産後休業、育児休業または育児休業に準ずる休業(子の3歳の誕生日の前日まで)を取得したとき

復活者届

  • 従業員が産前産後休業、育児休業または育児休業に準ずる休業(子の3歳の誕生日の前日まで)を終了したとき
  • 産休・育休期間中の標準掛金を「納付しない」ことを選択した事業所のみ届出が必要です。

※納付が不要な掛金は標準掛金のみです。事務費掛金は納付が必要です。

  • 標準掛金を納付していない期間は、加入者期間には参入されますが、仮想個人勘定残高の持分は増えません。

※関東ITソフトウェア厚生年金基金では、産休・育休中も加算標準掛金は納付が必要であり、加算部分の給付に反映していました。

  • 健康保険・厚生年金の産休・育休関係の届出と異なる点は次のとおりですので、ご注意ください。
    1. ①産休終了と同時に育休を開始する場合及び育休を延長する場合の「中断者届」の提出は不要
    2. ②予定どおり産休・育休を終了する場合でも「復活者届」の提出が必要(終了予定日の登録ができないため)

中断者届

記入例

①中断年月日

  • 産休・育休を取得した日。

②基準給与1・基準給与2・基準給与3

  • ご記入は不要です。

③余白

  • 出産(予定)日および産休・育休を取得した日をご記入ください。

毎月の掛金を算出するための基準となる数値です。
基準給与1 :【第1年金】厚生年金の標準報酬月額
 基準給与2 :【第2年金】口数×1,000円
 基準給与3 :【第2年金のみ】口数×100円(上限500円)
       【第1年金+第2年金】一律100円

復活者届

記入例

①復活年月日

  • 産休・育休を修了した日の翌日(復職による終了の場合は復職の当日)。

②基準給与1・基準給与2・基準給与3

  • 産休・育休の開始前の基準給与と比べて変更がある場合はご記入ください。

③余白

  • 子の生年月日および産休・育休を終了した日をご記入ください。